アトピーの原因

子供の皮膚病の大半を占めると言われているアトピー性皮膚炎ですが、症状としては皮膚の乾燥かゆみを伴う湿疹などがあります。ほとんどのケースでは乳幼児期に発症し、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら成長とともに自然に治っていきます。ですが大人になっても治らずに重症化したり、一度治っても大人になって再発してしまうケースも多く見られるようです

これまで、アトピー性皮膚炎の最大の要因としてはアレルギー体質であることが考えられてきましたが、近年のさまざまな研究によりそれを覆すような事実が発見されているようです。最近ではフィラグリン遺伝子がアトピー性皮膚炎の発症に関与しているという事実が発見されています。フィラグリンは皮膚の水分を保持する天然保湿因子の元となる物質で、この遺伝子に異常があることでアトピー性皮膚炎を発症しやすくなるということが言われています。

健康な皮膚には外部からの刺激や異物が入ってこないようなバリア機能があります。また、体内からは水分が抜けていかないようにして体を守るバリア機能も正常に働きます。ですから、このバリア機能を向上させるアトピーケア用品を使用することで、水分を逃がさず保持できる肌を目指せるかもしれません。健康な角層では角層細胞がきれいに積み重なり、天然保湿因子や角層細胞間脂質が角層の水分保持力を担うのです。